女性がお金に困るのってどういう時??

【留学資金を貯めたたくて貧乏生活】

事務仕事についておりましたが、会社の方針が合わずに転職を将来を考えるようになりました。

その時、昔から好きだったアメリカに留学する事を決意したのですが、1人暮らしをしていた事もあり当時はほとんど貯金がありませんでした。

お給料も少ない方でしたので、そこから家賃・食費・光熱費等引いていくとほとんど残りません。そこに美容代等もかかってくるので尚更です。

当時、テレビ等で騒がれていた若者のワーキングプアの問題の事を知っていましたが、どこか他人事だと思っていました。でも実際考えてみると自分もワーキングプアに近い生活状況に陥っていた事に改めて気付かされました。以前より頑張って食費などを削り貯めようと努力もしました。

しかし友人が結婚式を挙げると何回か招待を受け、それだけでも数十万の出費。節約していた金額の何倍もの額が飛んでいくことになりました。

男性の場合、美容代・結婚式時のヘアー代やドレス費もかからないでしょう。我慢すれば条件は悪くとも安い物件にも住めると思います。

留学もバックパック1つあれば生活できるという方を聞いた事がありますが、女性ではバックパック1つで海外に旅立つにはかなりの勇気が必要です。治安等の事まで考えると女性にはできない事でも、男性だと出来る事が沢山あることに気がつかされました。

これだけでも女性より、だいぶ費用はかからないのだろうなと感じます。この時程、男性が羨ましいな思った事はありませんでした。

貯金を増やす対策としては、私は出来るだけ節約をしました。友人と遊ぶのは数ヶ月に1度、必要最低限の食材しか買わない、美容代は半分に削る、光熱費は抑える等、徹底的に節約を行いました。

家事は人並みに出来ていたので、生活費を半分に削る事に成功しました!そしてこれは女性のみの特権だと思うのですが、夜のお仕事が充実しているという事です。

私はお酒が好きな事もあり、キャバクラで働きましたがこれだけも昼の仕事の3倍ほどのお給料を稼げました。しかし反対に失った事の方が多かったように感じています。

よく遊んでいた友達とは疎遠になる人もいましたし、食欲を抑えるのも大変でした。都会の生活に憧れて地方からでてきましたが、どこにも出かけないのでは意味がないと何度も惨めな気持ちになった事もあります。

昼と夜の仕事の掛け持ちで体調を崩し、昼の仕事をあまり良くない形で退職することになってしましました。

余り良い結果には繋がりませんでしたが、お金を稼ぐ大変さなど気付かされた事も多く勉強になったことはとても良かったと感じております。

 

 

【自分の肌に嫌になった時も…】

わたしが1番大変だなと思ったのは美容代です。元々とてもすごい乾燥肌で、色んな化粧水、乳液を塗っても効果がなく困っていました。

エステで働いている友達にも相談し高い美容品を買ってみたもののすぐに乾燥してしまいました。悩みに悩んだ結果、エステに通う事にしました。

どうせ高いだけだろうと思い半信半疑で行きましたが、2ヶ月ぐらい目から効果が出始めたのです。もちろん化粧水や化粧品自体を変える事を勧められ買いましたが、それの影響もあったのかあれだけ悩んでいたのにもう悩みは消えてしまいました。

しかしやはりエステと言う事で何十万ものお金が飛んで行ってしまいました。ローンで払い終えましたが、その時男性はいいなと心の中で思ってしまいました。

お金を借りるのは初めてだったので緊張しましたね。まずどこで借りたらいいのかわからなかったので、いろいろネットで調べました。※参考になったサイト・・・お金を借りるならどこがいい

男性は男性で悩みなどあるかもしれないですが、女性は化粧を毎日するものでありなくなったらまた買わないといけないというものがあります。

今まで使っていた化粧品でも急に合わなくなってしまったりする事もあります。そういう場合また自分に合った物を探さないといけなくなり、またお金がかかってしまうのです。

女性には欠かせない美容代というのはおばあちゃんになってからでも死ぬ時でも化粧をしているなとふとその時に感じました。

仕方ないものだといったら仕方ないものだと割り切ってこれから使っていかないといけないなと思います。

しかし、結婚して出産をしてからはそう思っていた事が全然変わってしまい育児に覆われて、スーパーに行くのにもマスクをしてスッピンを隠して行くようになってしまいました。

今まではこんな事はしなかったのに、子供がまだ生まれたばかりと今ちょうどイヤイヤ期の上の子がいるのでゆっくり化粧する時間もなく化粧水以外などでは明らかに買っている量は減ってしまいました。

しかし、落ち着いたらまた少しずつ自分にもお金をかけて女性らしさわ忘れないようにしていかないと旦那にも嫌われてしまうと思うので気をつけていきたいなと感じます。

 
~~~~急いでお金を借りたい場合~~~~

即日キャッシングは、事前審査でOKが出たら、当日中にお金を借りることが可能なとてもスピーディーなキャッシングです。手の打ちようがない資金不足は予測も準備もできないものですから、困ったときほど即日キャッシングが可能であるということは、本当にありがたいことだと感じる方が多いのではないでしょうか。

ノーローンそっくりの「複数回の融資でもキャッシングから1週間以内は無利息」というありがたいサービスを進展中の会社も増えています。是非機会があれば、「無利子無利息」のキャッシングの良さを確かめてもらえるといいのではないでしょうか。

申込のあったキャッシングについて、自分の勤務先に電話をされるのは、止めることができないのです。この電話というのは在籍確認と呼ばれているもので、申込書に書記載の勤務先に、確実に勤務中であることについて確かめなければいけないので、申込んだ方の会社やお店などに電話をかけているのです。

今までの勤務年数と、居住してからの年数も審査事項です。ということで就職して何年目かということや、現住所における居住年数の長さがあまり長くないようだと、それによってカードローンの事前審査の際に、悪いポイントになるに違いないと思います。

どんな関係の会社に申し込むことになる、どんな特徴のあるカードローンなのか、というところも留意するべきです。メリットは何か、デメリットは何かということを完全に把握していただいてから、希望の条件に近いカードローンがどれなのかを探して申込んでください。

前より便利なのが時間の節約のためにインターネットを使って、あらかじめ申請しておくことで、融資希望のキャッシングの結果が早く出せるようなシステムを取り入れている、優しいキャッシング会社も現れて、とても助かります。

スピーディーな審査で実現できる即日融資で申し込みたいということなら、インターネットを利用できるパソコンとか、スマートフォンや携帯電話のほうがずっと手軽です。これらの機器からカードローンの会社が準備したサイトを経由して申込を行っていただくのです。

街中によくある無人契約機を利用することでお店を訪問することなく、申込んでいただくというスピーディーな方法もあるわけです。人間ではなく機械によって申込を行うわけなので、絶対に人に顔を見られずに、予定外の支払いがあってピンチのときにキャッシングを内緒で申込むことができるのです。
融資の中でもキャッシングだと、会社ごとの既定の審査が相当に速いため、当日中に振り込みすることができなくなる時間までに、定められたいくつかの契約事務が全部終わらせていただくと、マニュアルに従って即日キャッシングで入金してもらうことが可能というわけです。

あなたがキャッシングを検討中ならば、とにかくきちんとした準備が欠かせないのは当然です。何らかの事情で新規にキャッシングを希望して申込をする際には、ポイントになる利子もちゃんとチェックしてからにしてください。

簡単に考えてキャッシングを利用するための審査を申込むような方は、本来は特に問題もなく認められるはずだと思われる、新規のキャッシング審査ということなのに、通過できないなんて結果になることだって考えられるので、軽率な考えは禁物です。

せっかくのキャッシングカード新規発行の申込書の内容に、誤りがあると、ほとんどのケースで全てを再提出か、訂正するのなら訂正印を押す必要があるので、書類そのものが返却されてしまうというわけです。自署による書類の部分は、やり過ぎなくらい気を付けるべきだと思います。

よく見かけるカードローンというのは即日融資だってOK。ランチの前にカードローンを申し込んでおいて、審査が通れば同日午後のうちに、依頼したカードローンの会社から貸し付けを受けることが実現可能なのです。

便利なことに最近では、非常に多くのキャッシングローン会社から融資をうけることができます。一度は見たことがあるCMをやっている消費者金融(アコム、プロミスなど)であれば会社自体が有名だし、信頼があるのですんなり、申込手続きをしていただけるのではありませんでしょうか。

必ず実施されるキャッシングの際の事前審査とは、キャッシングを希望している人自身が間違いなく返済可能かどうかの審査を慎重に行っているものなのです。申込をした人の収入がどれくらいなのかなどによって、今回のキャッシングを使わせても完済することは可能なのかということについて審査するようです。

正しい知識を持てば怖くはない

子供のころからのイメージは、やはり悪いイメージがあります。借りた人が暗い家の中で怯えながら、とり立ての人に怒鳴られているイメージが強いです。大人になってからは、消費者金融のイメージは変わりました。生活に本当に困っている人は、どうしても今暮らしていくための手元のお金が必要です。両親や親せき、友人に借りる事ができれば誰も困らないと思います。しかし、身内や頼ることができない人たちもいっぱいいますし、大金の場合はやはり無理です。貸す側としても、例え数千円のお金でも気分がいいものではありませんし、金の切れ目が縁の切れ目と言うように、まわりの話を聞くだけでも、お金が原因で疎遠になってしまった人の話はよく聞きます。
それでも、消費者金融を利用して危機的な生活から脱した親戚もいました。付き合っていた女性は子供もいてバチ一の人でした。彼は騙されてしまい、ほとんどのお金をみついでしまったのですが、家族や親せきに迷惑をかけることなく、お金を借りて何とか借金を返済して行きました。身内に借りるか、消費者金融に借りるか、本人も相当悩んだと思います。それでも、自分が招いたことだったので高い利息を払ってでも、消費者金融からお金を借りることで人生をやり直そうと決めました。まわりの家族は、彼のそうした冷静な判断力と気持ちに少し安心したようでした。
どうしても、消費者金融からお金を借りるのは怖いです。でも、正しい知識としっかりとした返済予定を組んでいけば怖い事はないのかなっと今は感じています。私は、まだそうした借金やローンを組んだ事がありませんが、いつ自分の実に震災や不幸が起きるかわかりません。お金で損や苦労をしないように、消費者金融の正しい知識を持って、これからの生活に役立てていければと思います。